FC2ブログ

誤飲誤食とは

誤飲誤食とは、食べてはいけないものを食べたり飲んだりしてしまう事
実は、結構問題なんです
ネギ類やチョコレート、観葉植物などはもちろん、おもちゃや駆除剤を食べてしまうこともあります。そして、意外と怖いのが糸を食べてしまうことなんです。
吐かせる処置が出来ないものもあるので、お家では手を出さず、必ず病院で診察を受けましょう
また、糸類を飲んだ場合、口の中に糸が見えていても、絶対に引っ張らないでください
万が一身体の中で引っかかったり結ばっていたりすると、体内を傷つけてしまう場合があります。
共通しているのは、早く病院で処置をしてもらうこと。
処置が遅くなればなるほど、ペットは危険です。
スポンサーサイト

コロンちゃん

トリミングに来てくれたT・プードルのコロンちゃんです

コロンちゃん
ほわほわカットで可愛くなりました

テンチちゃん

トリミングに来てくれたスピッツのテンチちゃんです

テンチちゃん
今回がトリミングデビューでしたが頑張ってシャンプーさせてくれました

ナナちゃん

お泊りは初のナナちゃんです
Aナナちゃん01
ナナちゃんはナデナデが気に入ってくれたようで
なでられながら、スタッフのお腹にすりすりしてくれました
Aナナちゃん02
くっ・・・かわいい
また遊びに来てね

海くん

お泊りに来てくれた海くんです
M海くん01
今回はお散歩途中で何故かカメラ目線でイケワン顔を見せてくれました
スタッフも思わずドキッとしてしまいました(笑)

冬に多い病気といえば・・・

一番に挙げられるのは、尿石症という病気です
冬は夏に比べて、お水を飲む量が減ってしまいます
水分が減ると、排尿回数が減ったり、おしっこの濃度が高くなったりして、尿の成分が結晶化結石になってしまうのが、尿石症です
お水だけではなくごはんも問題の場合もあります

症状は、
一回のトイレで出るおしっこの量が少しだけ
何度もトイレに行く
おしっこの色が、いつもより濃かったり、血尿が出ている
排尿時いつもは出さないような声で鳴く(痛がっている)
おしっこを見ると、キラキラしている
などいろいろありますが、
「いつもと違うかも」と思ったら、すぐに病院へ
症状が進行しておしっこが出なくなると、命の危険があります

どうしたら予防できるかは、簡単で難しいのです
水をいっぱい飲んで貰うため、普段いる場所の近くに水を置く
トイレにすぐに行けるように、寝床の近くにトイレを置く
他にも健康診断を定期的にするなどの細かい注意はありますが、大きくはこの2つではないでしょうか

飼い主側ができることは簡単なことですが、ペットがしてくれるかは難しい
だからこそ、毎日の体調管理や毎年の健康診断が重要なのです

福引は本日まで!

今年の福引は好評で
景品が・・・なくなってしまいました

まだ始めて10日程・・・
予想外の事態でスタッフもビックリ中です

・・・と、そんな訳で、急ではございますが、福引は本日までとさせていただきます

今年も一年、よろしくお願い致します

福引始まりました♪

あけましておめでとうございます
本年もスタッフ一同よろしくお願いいたします!!

只今当院の受付にて福引開催中です

福引 2019

去年大好評だった福引が今年も帰ってきました(o・ω・o)笑
1回のお会計につき1回福引にチャレンジ出来ます
中にはBIGな景品も…ある、かも(゜o゜;!!!
ぜひ福引にご参加ください♪

福引は2019年1月31日まで!!
※景品がなくなり次第終了です
プロフィール

naawcarwe

Author:naawcarwe
ますみ犬猫病院ブログへようこそ!
ますみ犬猫病院(旧 ながせ犬猫病院)

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ありがとうございます
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
ブログ内検索
リンク